治療費が3分の1!精神疾患になったら自立支援医療に申し込もう。

パニック障害

こんにちは。ぷりっぴーと申します。(@pipipapu_)

パニック障害になってから8年になります。

 

私は、パニック障害の再発を機に病気専用のツイッターアカウントを立ち上げ、そこである投稿を目にしました。

え。精神病って、こんなにも受けれる助成があるの…?!

そこで、自分でも調べて助成を受ける準備を始めました。

受けれる助成については、ほぼ病院では教えてくれません!!

なので、自分で情報を探していくしかないのです。

ここでは、その中でもまず最初に手続きしてほしい「自立支援医療」についてやり方を詳しく説明していきたいと思います。

この記事を読むと

  • 自立支援医療の手続きの仕方がわかる
  • 医療費がぐんと安くなる
  • 安心して治療に専念できるようになる

ので、よかったら最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

1.自立支援医療制度とは

1 目的
自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

2 対象者
精神通院医療:精神保健福祉法第5条に規定する統合失調症などの精神疾患を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する者
更生医療:身体障害者福祉法に基づき身体障害者手帳の交付を受けた者で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる者(18歳以上)
育成医療:身体に障害を有する児童で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる者(18歳未満)
3 対象となる主な障害と治療例
(1)精神通院医療:精神疾患→向精神薬、精神科デイケア等
(2)更生医療、育成医療
ア.肢体不自由・・・関節拘縮→人工関節置換術
イ.視覚障害・・・白内障→水晶体摘出術
ウ.内部障害・・・心臓機能障害→弁置換術、ペースメーカー埋込術、腎臓機能障害→腎移植、人工透析
引用:厚生労働省HP

 

簡単にいうと、精神疾患の場合、統合失調症やうつ病など、継続した通院治療医療費を受ける場合、治療費を割引しますよ、という制度です。

原則は1割負担になりますが、県や市によっては世帯の所得に応じて、さらに減額になる場合があります。

ぷりっぴー
ぷりっぴー

私の場合は、パニック障害という病気の治療に関しては

診察、薬それぞれ、月2回(上限600円まで)しかお金はかかりません。

そそにゃん
そそにゃん

じゃあ、月に何回通っても

診察600×2=1200

薬代600×2=1200

合わせて2400円までしかかからないってことですにょ?

ぷりっぴー
ぷりっぴー

そういうことになるけど

上限が600円ってだけだから

実際もっと安いよ(/・ω・)/

そう…めちゃくちゃ安くなるんです。私の場合は月2回で6000円くらいが2000円以内になりました。すっごぉ…

なので、みなさんもぜひ申請して下さいね!!あ。

自立支援を受ける場合は、通院中の病院にまず、自立支援を受けたいことを伝えて下さいね!

その方が対応もスムーズですよ!

2.どこで申請できるの?

自立支援医療の申請は、住んでいる区の区役所・支所で受け付けてます。

あんしんすこやか係という窓口です。

必要な書類や担当窓口は市によって異なる可能性もあるので

まずは、電話して下さい!!

自立支援医療 ○○市
検索
↓の必要な書類をみながら電話すると心の準備ができていいかもです!!

 

3.必要な書類など

まず先にまとめて言います!

 

  • 申請書★
  • 診断書
  • 保険証の写し
  • 所得を確認する書類★
  • 印鑑

が、必要です!!

ひとつひとつ詳しく解説していきますね。

★自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書

いちばん重要な書類です。ダウンロードできるので先に印刷して書いておくのがオススメ!記入するところは保険の種類や家族構成などによって変わってきます。

ぷりっぴー
ぷりっぴー

私は、書類を先に用意して、目の前のPCには自立支援のHPをひらき、あんしんすこやか係の人に電話で直接ききながら書きました!

書くところはたくさんあるようにみえますが、実際は半分くらいしか記入しなくてOKでした!

書くことも簡単なので、そんなに難しく考えなくても大丈夫ですよ!(^^)!

(自立支援用の)診断書

通院してる病院で書いてもらって下さい。

ぷりっぴー
ぷりっぴー

私は2000円でしたが、他のところはもっと高いかも。

※もし、精神障害者手帳も申請するつもりなら、精神障害者手帳用診断書1枚で自立支援も手帳も2つ分いけます!が、診断書代は上がります。

 

ぷりっぴー
ぷりっぴー

私は2つ併用の手帳用で4000円でした。

精神障害者手帳も、人によってはメリットが多いです。

 

また新たに書いてもらうと割高になるので、手帳が欲しい人はこのときまとめて頼んじゃいましょう!

精神障害者手帳…詳しくは別の記事でかきますね!!しばらくお待ちください<(_ _)>

保険証の写し

会社に勤めてたりで、自分一人保険に加入してて「本人」とかいてあればそれ1枚でいいですが、親などの扶養に入っているようであれば(自分の名前の横に家族と書いてます)同じ保険に加入してる家族分全員の写しが必要になります。

★収入申告書

所得を確認する書類です。バイトでも必要になってきます。

※もし、申請する年は働いてない(無収入)であるなら必要ないです。

印鑑

もちろん、シャチハタ(100均で売ってるスタンプじゃない)ちゃんとしたやつを用意して下さい!

 

★マークのものは、フォーマットがあるので、印刷して事前にかいておくのがオススメです!!

※症状がきつくて区役所に行けない方へ

私がまさにそうでした。再発してからは広場恐怖症が強くなり、家から離れれば離れるほど発作が起きそうになったので、区役所までたどり着けませんでした。

なので、全部の書類をそろえて、母に託しました。

申請は、郵送ではできず、直接窓口でしなければなりません。

そして、もし自分じゃない人に手続きを頼む場合は、家族であっても委任状が必要になります。

委任状というのは、私以外のこの人に、手続きを託すことを証明しますっていう同意書みたいなものですね。

電話できくと、印刷されたちゃんとしたフォーマットのものがいいとのことでした。

「委任状」で検索すればそれっぽいものが出てくるので、印刷して記入してハンコを押したらいいです。

この人が役所にもっていけばいい物は

  • ↑の手続きの書類
  • この人のみとめ印
  • この人の身分証明書(免許書・保険証など〉
  • 委任状

の4点です。

もし、頼める人がいないなら、社労士というお仕事をされてる方がいるので、その方に頼むこともできます。

4.申請してからいつもらえるの?

全部の書類がそろっていたら、役所で申請したその日から適用になります

例えば7/16に申請したとして、通院は7/14、18に行ったとします。

その場合、7/14は今まで通りの値段、18日の分は自立支援の割引が適用されます。

ぷりっぴー
ぷりっぴー

だから、とにかく早めに申請に行くのが大事!!

申請したら、まだ正式な書類はできていませんが、自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書にハンコが押されて控えがもらえます

※病院によっては、まず控えをもってきて下さいねと言われる場合があります。

後日、郵送で自立支援受給者証が届きます。

多分1~2か月後くらいです。

これをもっていくとそこで初めて、差額分を病院、薬局にて返金してくれます。

 

5.更新時期は?

1年後にまた、更新しなければいけません。

ただし、このときは診断書はいりません!

2年後はまた診断書が必要になるようです。

まぁ、それを考慮しても自立支援の方がお得です。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

治療にあたる中で一番ネックになってくる医療費。
これがかかると思うだけで、病院に行く頻度を控えたり、薬を節約したりして、結局悪化させてしまった人の話を何度か聞きました。

一回あたり、人にもよりますが、一回診察と薬をもらうだけで3000円くらい。
月2回で6000円…て考えると痛いですよね。
私も早くに知っていたら、こんなに何万円も損することはなかったので、ほんと早く知っておきたかった(:_;)

みなさんには後悔してほしくないので、詳しくお伝えました!

書類かくのはしんどいけど、がんばって書いてちょっとでもお金の心配を少なくしましょう!!

ここまで読んで頂いてありがとうございました!

 

この記事を書いた人
ぷりっぴー

パニック障害歴8年の経験を活かして
ブログ作りをがんばってます!
全ての精神疾患の方がおだやかに暮らせるように
情報を提供中!イラストもかくよ!

ぷりっぴーをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました